酒を楽しめる居酒屋

酒を楽しめる居酒屋

居酒屋は現代の食文化にとっては欠かせない物になっているかもしれません。

 

居酒屋といってもその種類は多岐にわたっておりますので居酒屋という呼び方だけで表現するにはあまりに幅が広がっています。

 

居酒屋の種類には和風のものもあればイタリアンやエスニックを取り入れた居酒屋からイタリアン、フレンチの居酒屋もあります。

 

また、会社や各種の団体の宴会や忘新年会、歓送迎会、同窓会、家族連れ、カップル・・・と様々な用途で使われてもいます。

 

最近は会社などの接待の需要も増えているそうです。

 

 

 

居酒屋はレストランや料理屋と違って料理がメインと言うよりも酒類を楽しむ為に料理があるといった方が良いぐらいに酒を仲間と酌み交わして楽しむ場所でもあります。

 

居酒屋という響きは気取ったレストランというよりも皆で酒と料理を囲んで宴会するイメージが強く出ています。

 

古き良き大衆酒場的な雰囲気の"ネオ大衆酒場"

 

居酒屋にとっては酒を飲んで楽しんでもらうことが経営上も効率が良くなりますので、酒類のメニュー作りには様々な工夫が凝らされています。

 

経営的に見れば焼酎の割物は原価的に見ても売れれば売れるほど儲かりますし、瓶ビールよりも生ビールのほうが効率が良くなっています。

 

最近は女性に好まれる梅酒やカクテル類も好評で口当たりが良くて見た目もお洒落にすることで人気が上がっています。

 

 

 

近年の女性は男顔負けにアルコール類を飲みますので昔と違って女性客も居酒屋の良いお客になってきています。

 

居酒屋は日本人の身近なレジャーであり文化の発信地でもあります。