高級に日本料亭に学ぶ

高級に日本料亭に学ぶ

個室を主体にした経営方法は昔からの座敷を中心にした高級料亭が進んでいました。

 

高級接待向けの日本料理を提供する料亭は景気が良い時代は客単価も高額でしたので今の居酒屋には考えられないほどの贅沢な造りでした。

 

 

 

お客さまは大物政治家から財界人、企業オーナーが多く利用していましたが、広い敷地に庭園が備わっていたり建築物も銘木や高級木材をふんだんに使っていました。

 

全室が和室の数寄屋造りの豪華な広々とした個室で、床の間や次の間が有って化粧室もそれぞれの個室に備わっています。

 

重要なお客さまが他人と顔を合わせないような入り口からの導入にも工夫が凝らされております。

 

建築物だけでなく床の間の掛け軸や額も置物も由緒有りそうな大家の作品が掛けられていて高級感を増しています。

 

出てくる料理は四季の旬の食材を一流の調理師が腕をふるって高価な器に盛りつけられて一品ずつ仲居さんが優雅な作法とともに提供してくれます。

 

http://sakae-ren.com/

 

当然ですが個室の会話や音は何処にも漏れることは内容に部屋と部屋の距離と昔ながらの土壁に聚楽を塗っています。

 

このような高級料亭は不景気では経営が厳しいのですが、これらの一部分を取り入れて低料金で接待客を取り込もうとしている居酒屋が増えてきています。

 

天神エリアの美味しい居酒屋

 

根本的には似て非なるものですが企業等の接待需要は形を変えても有りますので、高給料亭の一部分を取り入れるとお客さまの満足度が上がります。

 

何時までも不景気が続くことはありませんので今から景気が良くなって高級な接待場所を希望する企業の要望に備える工夫が必要かと思います。