居酒屋のインテリアデザイン

居酒屋のインテリアデザイン

従来のレストランや料理屋などの飲食店のスタイルは概ね固まっていますので大きくスタイルが変革することがありませんが、居酒屋は最近になって急激な進化を遂げております。

 

川崎 焼肉なら肉バル つばきや

 

居酒屋には大衆酒場のイメージは有りましたが、レストランのようにイタリアンスタイルやフレンチスタイルなどのような本場のレストランというモデルがありませんでした。

 

レストランや割烹料理店のように「料理を食べにゆく場所」というイメージより「酒を楽しむ店」という感覚で捉えられてきていますので、インテリアのスタイルや料理メニューのスタイルで居酒屋を選ぶよりも酒の品揃えと楽しく飲めて料理もあると言った雰囲気を出して来ました。

 

下町酒場さしすせそはここ

 

ですから居酒屋には決まったスタイルが無くて大衆路線だけで来ましたのですが、リーマン食以後のデフレと不景気から居酒屋の気軽さと手軽な価格が受けて流行って来ましたので資金ができた居酒屋では少しでも単価アップを狙って高級店の良い部分を模倣して進化をしてきています。

 

居酒屋には決まったスタイルが無かったことで自由な発想でデザインできますのでレストランでは考えられないような奇抜なスタイルにしている居酒屋もあります。

 

小料理バル ドメ

 

最近のお客さまのニーズとして個室を望む風潮が多くなってきていることを受けて大小の個室を充実させた居酒屋もあります。

 

個室の雰囲気も様々でヨーロッパ調にしたり和風にしたりの個室に個性をもたせています。

 

個室でも昔からの日本n料理屋のような数寄屋造りや書院風にしたりの伝統的なモデルがありませんので、モダン居酒屋スタイルとでも表現したら良いのか判りませんが、自由な感覚でデザインしています。

 

個室の機能面も工夫が凝らされていて可動性のある限りで個室の大きさを予約人数に合わせて変えられるものも出来ています。