居酒屋の雰囲気について

居酒屋の雰囲気について

居酒屋が好きな人は多いのですが、どちらかと言えば居酒屋は大衆酒場というイメージが長い間に定着して来ました。

 

歴史的に見ますと居酒屋は江戸時代あたりには酒屋の店頭で酒の肴を出して酒を呑むことが始まりとも言われていますが、酒好きな人達のための店という感覚で捉えられてきました。
第二次大戦後から昭和30年ぐらいまでは「縄のれん」と称される屋台などの一杯飲み屋が庶民の憩いの場として流行っていました。

 

個室居酒屋をお探しなら夜景ビアガーデン THE GIFT restaurant 三宮店

 

年配の方は居酒屋というと当時の「縄のれん」を思い浮かべると思いますが、近年になってからの居酒屋はかなり違ってきています。

 

現在では大型でインテリアや設備も高級レストランに負けないような雰囲気の居酒屋が数多くできていますので、若い層の方達にとってはオシャレな飲み屋というふうに捉えている人もいます。

 

実際に現在の居酒屋には数多くの個室も完備していて大切なお客さまの接待にも使える店もありますので昔の居酒屋イメージとは程遠い存在になっています。

 

八重洲 個室

 

また、和風のイメージばかりでなくイタリアンやフレンチ風のインテリアを取り入れたり料理も地中海周辺のイタリアンやスパニッシュ料理をメインにしているものも出現しています。

 

このような居酒屋の変化に対して異を唱える方々もいます。

 

やっぱり居酒屋は昔のような大衆路線でインテリアなどは雑でも大衆飲み屋の雰囲気があっていると主張する方々もいます。

 

新潟の居酒屋は個室で飲むべし!

 

気軽なフンイキで田舎風の惣菜を食べておもいっきり酒を楽しむ雰囲気が好きな方もいます。